初期症状に見られるニキビ

ニキビとは炎症のことですが、それがどれぐらい進行しているかによって分類することができます。
その中で初期症状としてよく見られるのが、白ニキビと黒ニキビです。
意外かもしれませんが、色によって分類することができます。

毛穴が詰まることなどによって、アクネ菌が増殖することで生じるのがニキビという炎症です。
この詰まり方によって、白くなるか黒くなるかという違いができます。
詰まった時にその毛穴の出口が広い場合、酸素に多く触れることになります。
そうすると酸化して黒くなるんですね。これが黒ニキビというわけです。

白ニキビは逆で、出口が狭まっていたりすると酸素にあまり触れません。
そうすると白い状態になります。

ではどちらがマシなのかというと、実は黒い方なんです。
白のほうが良さそうな感じがするかもしれませんが、出口が狭いということは毛穴が詰まりやすいわけです。ということはこれから先、どんどん症状が進行していく可能性が高まっていきます。白いのは恐ろしいのです。

というわけで、進行する前にニキビは初期症状の時にケアをしておくことが大事です。
毛穴が詰まらないよう、少なすぎず多すぎない洗い方をしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です